エチュードハウスのティントで鮮やかリップ

今回は、最近買ったメイクアップ商品の中で一番気に入っている商品を紹介します。 

ETUDE HOUSE(エチュードハウス)の“Dear Darling Tint”です :100:

日本にいるときは、ティントというアイテム自体よく知らなかったのですが、韓国ではグロスや口紅よりもティントを使う女の子が多いような気がします。

韓国女子はアイメイクやヘアスタイルよりも肌や髪の質感にこだわっているんですよね。

リップに色があると血色が良く見えて肌の美しさも映えるので、発色の良いティントをよく使うのではないかと思います。特に青みがかかったピンクの唇の子が多いですね。日本ではあまり見ない色ですけど。

“Dear Darling Tint”は、乾燥しがちな今までのティントとは違って潤いのある使用感が特徴となっています。

ミネラルとビタミンが豊富なザクロとビタミンCたっぷりのグレープフルーツのエキスが配合され、瑞々しいリップを演出 :89: またカラーバリエーションはベリーレッド、リアルレッド、オレンジレッド、バンパイアレッドの4種類。バンパイアレッドは限定発売品です。

私が愛用しているのはバンパイアレッド!つける前はワインレッドのようなかなり濃い赤で大丈夫かな?という気がしますよね。ジェルっぽいテクスチャーです。

チップにたくさんついてきてしまいますので、容器のふちで量を少し調節した方が良さそうです。ちなみにぶどうキャンディのような美味しそうな香りが♪

トントン、と載せてみるとこんな感じです。まだ濃い赤ですね。濃すぎて心配になるかもしれませんが、大丈夫です!

指でポンポン、と馴染ませていくと、不思議と自然な発色に^^

何も付けていないのにもともと血色が良いような唇に仕上がります♪普段はこの上からリップクリームをぬるだけですが、唇がバラ色だと肌も明るく見えるんですね~。グロスや口紅は落ちやすいのであまり好きではなかったのですが、ティントは飲み物を飲んでもカップについたりしません。長い間持続します。

(とはいえ、食事のあとは取れてしまいます;)

ジェルなので塗り広げるとき少し上滑りする感じがあり、またはやく伸ばさないと載せた部分だけに色が染み込んでしまいますので慣れるまでちょっと難しいかもしれませんが、慣れてしまえば大活躍のアイテムです。

さらに、実は私このティントをチークとしても活用います。頬に3か所くらいポンポンと載せて指で馴染ませるだけで、ポッと上気したような自然な赤みが出せるんです。BBクリームで作った潤いのあるお肌にこのティントを使うと本当にお肌がきれいに見えてイイ感じ~★★一度使ったら手放せません><

先日30%オフのイベントで購入したのでなんと2800ウォンだったんです。ストックも買っておけばよかったと後悔!

それから、私には4種のカラーの中ではこちらのバンパイアレッドが一番自然な発色だったのですが、友達が使ったところ、私とは違うもっと暗い色になりました。

元々の唇の色味によって発色も違うみたいです。購入の前にテスターをしてみた方が良いかもしれません><

エチュードの公式HPに使い方のアドバイスがあったので載せておきますね :13:

①まずリップバームやリップクリームを塗る。
②コンシーラーで唇のラインを整える。
③ティントを唇の内側から外側に載せて色づける。
④軽く乾いたら、上からグロスを載せてイキイキしたリップの完成!

最後に余談ですが、先日同僚の誕生日プレゼントにエチュードハウスでハンドクリームとマニキュアを購入したのですが、ピンク色のとっても可愛い箱に入れてくれました :16:

プラス500ウォンですので、プレゼントやお土産にするときはおすすめです^^

アイテムインフォメーション

ブランド名:ETUDE HOUSE
商品名: Dear Darling Tint
容量:4.5g
値段:4000ウォン

にほんブログ村 美容ブログ 韓国コスメへ 人気ブログランキングへ
  • Yahoo!ブックマーク
  • ツイッター
  • ミクシでシェア
  • この記事をはてなブックマーク
  • フェイスブックでシェア

あさみ

韓国の文化、言語、人情に魅力を感じ移住!!現在ソウル生活2年目です。 なぜ韓国女子はあんなにお肌きれいなんだろう…という疑問に始まり、韓方、コスメ、身体に良いもの、美味しいもの、日々探究してます。

この記事の関連情報

コメントする

 
page top