• HOME
  • お問い合わせ
  • Twitter
  • Facebook
  • Blog

2013年春夏大注目のCCクリーム特集

BBクリームの進化版として反響を呼んでいる「CCクリーム」は、スキンケアとベースメイクが一度にできる新アイテム。

韓国の人気コスメブランドだけでなく、シャネルやランコムからも続々と登場して注目を集めています。

BBクリームが、「Blemish(傷)」、「Balm(香油)」の頭文字で、「傷や欠点を補うクリーム」を意味するのに対して、CCクリームにはひとつの定義がなく、コレクトコンボ、カラーコントロール、コンビネーションクリームなどなど、各ブランドが独自のコンセプトで展開しているのが大きな特徴です。

BBクリームよりもさらにスキンケア効果が高くなっていて、肌のトーンを補正しながら気になる部分をカバーして透明感のある明るい肌に仕上げることができます。

紫外線カット効果もあるのでこの春夏はCCクリームがブームになるかもしれません。

ここでは、最近発売されたばかりのCCクリームをブランドごとに紹介したいと思います。

It K-cosme!の2016年1月号をチェックしましたか? ARITAUMの特別ギフトなど注目の7アイテムを特集。

エチュードハウス CCクリーム(SPF30/PA++)

エチュードハウスからは、肌の修正とケアが同時にできるという意味の「Correct&Care」をコンセプトとした機能的なCCクリームが登場しました。

“シルキー(1号)”と“グロー(2号)”という2タイプのテクスチャーで肌タイプやお好みの仕上がりに応じて選ぶことができます。お肌に乗せるとカラーカプセルが割れながら肌の色ムラを整えてしっかりと馴染みます。

水分ケア、紫外線カット、抗酸化、肌トーンアップ、小じわカバーといったスキンケア効果のほかに、プライマー、化粧下地、光ボリュームの役割も果たす8in1のマルチケアアイテムです。

シルキーは、ローションのようにサラッとしたテクスチャーでさっぱりとした使い心地。陶器のようになめらかでマットな仕上がりになるので、脂性肌の方におすすめです。

グローは保湿美容液のようなテクスチャーで、お肌に立体的なツヤと透明感を与えます。水分たっぷりのモチモチ肌に仕上がるので乾燥肌の方にはこちらがおすすめです。

どちらもSPF30PA++で紫外線対策もバッチリです。

バニラコ イットレディアントCCクリーム(SPF30/PA++)

多彩なベースメイクアイテムを取り揃えているバニラコからは、「Color Control」をコンセプトに、保湿ケアとメイクアップベースが1アイテムで完了する機能的なCCクリームが登場しました。

化粧水をつけた後の肌に使用することで、次に乗せるメイクアップアイテムの効果をより高め、なめらかでキメ細かい肌を長時間維持することができます。

光彩フラワーウォーターが肌にうるおいと透明感を与え、マイクロパウダーと光彩ピグメントの効果で、輝くようなゴージャスな肌に仕上げます。

素肌のように自然でありながら肌の赤みや色ムラを補正してツヤを与えるのでモニターテストでは“魔法のクリーム”と称されるほど満足度が高かったそうです。

HERA CCクリーム(SPF35/PA++)

アモーレパシフィックブランドのHERAからは、「Complete Care」をコンセプトに、肌を完全にケアするCCクリームが新登場しました。

こちらのアイテムはピンクベージュ(1号)とナチュラルベージュ(2号)の2色展開となっていて、肌色に合わせて選べるようになっています。

キメを整えてツヤを与えるエマルジョンパウダー配合のクリームが肌にぴったりと密着し、フォトショップで補正したように欠点のない、ナチュラルで華やかな美肌を演出します。

保湿成分が50%も配合されていて、数あるCCクリームの中でも保湿力はトップクラス。

乾燥や小じわなどのエイジングサインが気になりはじめた大人の女性の肌にも最適です。

OHUI カラーコントロールクリーム(SPF28/PA++)

1カ月に1万個売れたという大ヒット商品、オフィのCCクリームのコンセプトは「Color Control」。

イエロー、ブルー、レッドなどの色素をカプセルに詰め込んでクリームベースに配合しました。

ポンポングタイプの容器から出した真っ白なクリームは、肌になじませていくうちにマジックカプセルがはじけ、使う人のスキントーンに合わせて色を変えます。

レシチンやセラミドなどの保湿成分とミネラル成分が肌に保護膜を作り、うるおいとツヤを長時間キープします。

カバー力が高いので単品で使用しても美しく仕上がります。

まさにBBクリームの進化版!といった感じのアイテムです。

ミズオン コレクトコンボクリーム(SPF25/PA++)

ミズオンがビューティーディレクターのピ・ヒョンジョンさんと共同開発したのが、「修正・校正セット」という意味を持つ「Correct Combo」をコンセプトにしたCCクリーム。

スキンケア、メイクアップ、栄養供給が一度にできる高機能クリームです。

白いクリームを肌に伸ばすと、みるみるうちに自分のスキントーンに馴染みカラーチェンジします。

肌の奥まで水分を届け、表面にはハリとツヤを与えて毛穴や肌の色ムラを補正します。

弾力、トーンUP、紫外線カット、毛穴カバー、角質ケア、潤いチャージ、保湿、メイクアップの8つの機能が備わっているスーパークリームは、ジュエリーのように輝く女優肌を実現します。

ザ・フェイス ショップ フェイス イット アウラ CCクリーム(SPF30PA++)

日本でも大人気の韓国コスメブランド「ザ・フェイス ショップ」から登場したのは、シワ改善、美白、紫外線カットの3つの機能を備えたCCクリーム。

独自のパウダーを配合し、肌の奥からライトを当てたように光り輝くな、華やかで明るいツヤ肌を演出します。

コンパクトタイプで使いやすく、フィット感のあるメイクにはパフ、細かい部分もしっかりカバーするならブラシ、シミやそばかすをピンポイントでカバーするなら指先で使用するとより完璧な肌に仕上がります。

12時間以上ダークニング現象を防ぐ効果があり、朝塗れば夕方まで上品なツヤ肌をキープできる持ちの良さが魅力です。

トニーモリー ルミナス純粋光彩CCクリーム(SPF30/PA++)

トニーモリーからは、「Color Change=色を変える」をコンセプトに、スキンケアとメイクアップベースが一度にできるCCクリームが登場しました。

美白、シワ改善、ツヤなど多様なスキンケア機能と、毛穴やシミ・ソバカスのカバーなど、優れた補正力を併せ持っています。

セラミド、ヒアルロン酸、オメガ3などの特許成分で肌にたっぷりと潤いを与えます。

長時間塗っていても乾燥が気にならず、すべすべの美肌を長時間キープできるので日常使いに最適です。

自然なカバー力と使用感の良さ、そして手に取りやすい価格で口コミから話題になり、発売1カ月足らずで早くも売れ筋商品の仲間入りをしています。

愛用者の評価も高く、今後ますます注目を集めそうな逸品です。

ネイチャーリパブリック スーパーオリジンCCクリーム

他のブランドのほとんどが1種類なのに対し、ネイチャーリパブリックのCCクリームは3カラー展開で登場しました。

美白、シワ改善、紫外線カットなどの美容効果を持つスーパーオリジンCCクリームは、マリンコラーゲンやセラミド、ビタミンC誘導体成分など美肌成分がたっぷり。

アンチエイジングケアをしながらスキントーンを明るく、なめらかな肌に仕上げます。

はじめは白いクリームが肌に塗ることでカラーカプセルがはじけて肌トーンに合わせて変化する「カラーチェンジSPF30 PA++」、保湿成分が肌にたっぷり水分を与えて一日中乾かない肌を実現する「ティンテットSPF30 PA++」、くすみが気になる肌にクリアな輝きを与える「ブライトニングSPF25 PA++」の3種類から肌に合わせてお気に入りをチョイスできます。

ファンデーションに混ぜて使用するとさらにカバー力がUPします。

ホリカホリカ ミラクルリアルスキンフィニッシュ(SPF35/PA++)

柔らかなテクスチャーでエッセンスのように肌に馴染むのが、ホリカホリカのミラクルリアルスキンフィニッシュ。

こちらのアイテムのコンセプトは「Complete Control Cream」。

肌トーンの補正効果にすぐれたピンクパールのクリームが、光の屈折率を極大化し、肌にナチュラルな輝きと透明感を与えます。

マリンコラーゲン、セラミド、ビタミンC誘導体配合で一日中うるおった弾力のある肌を維持できます。

塗るだけで肌がワントーン明るくなったような美しいツヤを実感できますよ。

軽めの付け心地でべたつかないので、BBクリームやリキッドファンデーションと重ね付けしても崩れにくく、紫外線カット効果も高いので春夏のベースメイクにピッタリです。